GD練習がしたい!という人にオススメのイベント3選

レバレッジ就活では、ここまで2本の超大作を通してGDの攻略法についてお伝えしてきました。

GDのやり方はわかった!早く試したい!

結局は実践が大切だしね。オススメのGDイベントを紹介するよ!

 

という事で、今回は筆者も実際に利用していたGD対策イベントを紹介していきます。

スポンサーリンク

GDイベントはどんな人にオススメ?

GDが苦手な人はもちろんですが、私が特にGDイベントをオススメしたいのは、就活を始めるのが遅れてしまった人です。

早くから就活を始めた人は圧倒的経験回数を持っています。
GD対策記事でお伝えしたような考え方を持ってるかは分かりませんが、とにかく慣れています。

彼らに勝つには、同じく経験を積む以外ありません。
しかし、インターン選考はほぼ終了してしまっているのが現実…

そこで私が通ったのがGDイベントです。

書類通過などの条件無しに、とにかくGDをしまくりました。

ただやるのではなく、その中で自分の立ち位置得意な役回りを探っていきました。

オススメGDイベント3選!

では、さっそく紹介していきましょう。
気になるイベントがあれば、ページに飛んでみてください。

digmee

digmeeでは、実際に大手企業やベンチャー企業の人事を審査員にした選考イベントを受けることが出来ます。

GDや面接を通して、実際の人事から評価されるという緊張感は、まさに本番同然

しかも、評価された場合は早期選考や特別ルートに招待されるので、より力が入りますね…!

他にも就活情報やイベントなどを随時送ってくれます。

LINEで登録し、情報収集が可能という点も強みです。

ジョブトライアウト

GDに特化した対策がしたい!という人にオススメなのがジョブトラです。

全国7か所で行われるGDイベントでは、本物の人事による個別フィードバック早期選考の招待、そしてGD偏差値を貰う事が出来ます。

この偏差値がめっちゃ良いんです。筆者はなんと、偏差値42でした。

ショックでしたが、これをきっかけに「自分はGDが出来ない」と自覚し、努力することが出来たんです。

実際に本選考で一番苦労したのもGDだったので、個人的には信ぴょう性も高いと思っています。

あなたも、自分の位置を知ってみませんか?

DEiBA Company

10種類のGDテーマに取り組み、フィードバックとスカウトを受ける事が出来るDEiBA

このイベントの凄い所は、なんといっても参加企業実績です。

オリエンタルランド、POLA、JCB、USENなど、名だたる企業から審査してもらう事が出来ます。

GDの後は座談会にも参加できるので、思わぬ出会いがあるかもしれません。

 

GDイベントに参加する上での心得

私は上記の3イベントを駆け回り、経験値と実力をつける事が出来ました。

それは、ただ参加するのではなく心得を持っていたからだと思います。

ここからは、GDイベントに参加しようと決意したあなたに、重要なヒントをお伝えします。

明確な短期的ゴールを決める

最も重要な心得として、毎回明確なゴール(目標)を持つことが大切です。

ここでいうゴールとは「GDを得意になる!」という抽象的なものではなく

「今日はとにかくビビらず発言する」「今回は前提がズレないように意識する」など、その時に合わせた具体的目標を持っていくと成長が早いです。

 

チームの人から印象を聞く

GDイベントはあくまで練習ですが、初対面の人とGDをするという状況は同じです。

つまり、「その時周りの人からあなたがどう映ったか」を知れば、「本選考で他人からどう思われるか」を知る事が出来ます。

毎回、チームメンバーに印象などを聞き、必要ならば改善していきましょう。

ここで聞きたいのは、スキル面よりも印象面だという事を意識してください。

長期的ゴールもしっかり決める

「GDイベントを通してどうなりたいのか」という、大きな目標も立てましょう。

GDイベントにありがちなのが「ドタキャン」です。

本選考ではないからこそ、当日の気分でキャンセルしてしまう就活生はとても多いです。

「いつまでに」「どのレベルの企業を」クリアしたいのかを明確にしておけば、遠い未来の話でもしっかり焦ることが出来ますよね。

GDイベントまとめ

以上が、オススメのGDイベントと重要な視点についてのお話です。

「今GDが出来ない」のは、全く重要ではありません。
しかし、「今後もGDが出来ないか」はあなた次第ですよね。

あなたが良い意味で危機感を持ち、レベルアップできることを願っています。

【GD対策/基礎編】リーダーじゃなくても突破出来る方法

2020年7月2日

 

スポンサーリンク